himawari
 
 




b0226573_22335353.jpg
[SONY α7 G-Planar 45mm f2 2018, Aug]





[PR]
# by f-izuki | 2018-08-19 22:05 | Comments(0)
一気に秋めいて




神戸の空も秋のそれ



b0226573_01165341.jpg
[iPhone6S 2018, Aug] 
 



  


[PR]
# by f-izuki | 2018-08-18 01:19 | Comments(0)
背景放射

 
 
 
b0226573_23302494.jpg
[iPhone6S 2018, Aug] 
 
 
 



[PR]
# by f-izuki | 2018-08-14 00:19 | Comments(0)
レーダー探知機を置いてみた。(BMW F30)

 
番外編

マイカーのBMW 320i (F30)には時計がなく、同乗者からたびたび不満の声が上がっていた。
なぜ時計がないのかというと、グレードがSEなため、通常エアコン操作パネルにデジタル表示されるはずの時計がこのエディションにだけ無いのである。


ナビ画面に表示されるのはVICS受信時刻であるため、現在の時刻だと勘違いしてしまう。
運転席から表示切替で時刻を確認することもできるが、同乗者には操作もできないし見えない。


後付できるアナログ時計を探してみたが、都合よく設置できるものはなく、設置場所にも困る。
デジタル時計はLEDがまぶしくて品の良いデザインが見つけられない。


いろいろネットで探していると、モニタータイプのレーダー探知機が、表示画面をカスタマイズできるらしく、その中にアナログ時計表示を選択できる商品があることを知った。
レーダー探知機はおまけみたいなもので、時計表示があればいいのだ。


今のレーダ探知機はOBDⅡ接続といって、電源とともに車両情報を車載コンピューターから直接読み込めるらしい。通常では知ることができないパワー出力状況やブースト情報も表示したり、いろいろメニューもある。
おまけにさらにおまけが付いてきたようなものだ。
値段もそれなりにこなれている。
メーカーをいろいろ調べてみた結果、あんまり聞いたことはないけどコムテックというメーカーが使い勝手がよく、結構売れているみたいだ。


ドライブレコーダーとか車載AVとかの設置作業は素人でもネット情報などを集めてくれば、ちょっとした工作気分でできてしまう。
電源の取り方と配線をうまくまわしてやるだけだ。車種別接続キットもある。
レーダー探知機も同じで電源供給するだけ。ただし、外国車の多くはエンジンを切ってもシガーソケットには電気が供給され続けるので、ソケットから安易に電源を取れない。
配線も収まりが悪いから、通常、ヒューズボックスからエンジンのON,OFFに連動する端子を探して引っ張ってくる。


調べると、OBDⅡは電源供給するものの、やはりエンジンのON,OFFには連動していないという。
本体のスイッチを切り忘れると、最悪バッテリー上がりになってしまう。


ODBⅡ接続するには、車種ごとに信号を取り出すためのチャンネルを設定してあげないといけないらしく、さらにエンジンのON,OFFに連動させるオプションコードもあることがわかった。このあたりの製品情報がWEBで提供されていたため、今回はコムテックの製品を選んだ。


ただし、エンジンキー連動コードはどうも信頼性というか、原理的によくわからないので過信しないほうがいいなどのネット情報もあった。というわけで、エンジンキー連動コードは見送り、面倒だが必要なときだけスイッチを入れるやり方にした。(スイッチを切り忘れるリスクが最も高い!)
OBDを直接ON,OFFできるスイッチがあれば多少便利だろうということで(コムテック本体のスイッチは小さいので・・・)、OBD接続コードにさらにON,OFFコードを間に挟むことにした。 (やっぱり無駄だったかもしれない)


次の問題はどこに設置するか。助手席や後席からも見やすい場所とすると、もう真ん中に置くしかない。
設置場所をネットで探してみたが、ほとんどの人は運転席側端っこのエアコン吹き出し口の上に設置している。中央に置くという考えはなさそうだ。
天井吊り下げは、結構頭部と近くなってしまうため、圧迫感が強い。バイザーも使えなくなってしまうので、こちらも少数派だ。



b0226573_21365466.jpg




中央部はオンボード液晶モニターが占拠しているので、置くならモニターの後ろになってしまう。そのまま直に設置すると、レーダーのモニタが隠れてしまう。
そこで、1センチくらいの耐震ゴムの台座を敷き、その上に設置することにした。
こうすると後部座席からも“時計”がよく見える。
ゴム板にはカッティングシートで化粧し、内装とあわせてある。


前から後ろ側を見るとこんな感じ。
ゴム板の下にはズレ防止用の耐震ゲルを敷いてある。
簡単に取り外しができ、走行中にずれることもない。



b0226573_21365422.jpg



夜はこんな感じ。
もちろん必要なとき以外はスイッチを入れない。



b0226573_21365412.jpg



たぶん、ここに設置した人は意外と少ないと思うので、参考になればと思い投稿してみた。
モニタが2つ重ねて並べると、、、おかしいといえばおかしいけれど、許容レベルは人によって違うので。
僕は平らではないところに無理やり固定して、テープの跡形がついてしまうのもあまり好きではないので、こっちの方がまだ良いかなと。
こういうのは慣れだから、ちょっと検討してみてはいかが。


ちなみに、エンジンを切るとレーダー探知機の本体が切れるので、OBDⅡの電源供給もエンジンに連動しているのかも知れない。


   



[PR]
# by f-izuki | 2018-08-12 21:53 | Comments(0)
マツミヤカメラ
 
 
 
個別の店名を書くのはどうかとも思ったけれど、いよいよ閉店してしまうのかな。
職場に近いので、店先の陳列棚を見に行くことを日課のようにしているのだが、ここ数日、店のシャッターが閉まっていた。
昨日、数日振りにシャッターが開いていたものの、陳列棚に商品はなく、店内もほぼ空っぽ。


神戸では知る人ぞ知る有名な中古カメラ店で、かつては店内に足の踏み場がないほど、さまざまな商品が倉庫さながらに積み上げられていて、クラシックカメラ好きの目には、掘り出し物の山のように見えたものだった。


ここの商品は、一言で言えば安い。
オールド製品に興味がない人には無縁のお店だったと思うけど、他店では扱っていないような古いレンズも豊富にあって、安さにつられて必要もないのに手を出してしまったことも何度もある。


つい1週間前も、値札5,000円がついた、きれいなキヤノンNFD50mmマクロが並んでいるのを見つけてしまい、結構悩んだのだった。
先日、手元で整備していたキヤノンNewF-1が成り行きで2台になってしまい、はめておく適当なレンズが欲しいと思っていたタイミングに合ってしまったのだ。
50mmはf1.4があるので、35mmが欲しかったところ、50mmでもマクロだったところが引っかかってしまった。




b0226573_02451503.jpg




衝動買いはしない(3回思案して、3回欲しいという結論が出たら買う)ことにしているので、今回も3回ルールにのっとって、一旦は見送った。
次の日、やっぱり気になるので見に行ってみたところ、本来、営業している時間帯だったにもかかわらず、店のシャッターが下りていた。
嫌な予感が的中し、翌々日にシャッターが上がっていたときには、すでに陳列棚に商品はなく、店内の商品を一手に引き受けた業者だろうか、店内を片づけている店主を横目に、ニヤニヤした男性が立っていたのだった。


あーあ。
買おうと思っていたのに。
数年前から在庫を片付け始めていたので、閉店が近いような気配はあった。
ある日突然、LeicaM3が5,6台一気に棚に並んだこともあったし、外付けファインダーが十数個放出されたこともあった。
あいにく、100mmとか、売れなさそうなものばっかりだったけれど。
商品が大量に棚だしされるに連れ、店内のガラクタのような箱(衣装ケース)がどんどん減っていくのだった。


最近もオリンパスOM2が数千円で出てきていた。


手に入らないとなると、無性に欲しくなるものだ。
いまさら使わないレンズコレクションを増やす意味もないわけで、ここは未練をたちきろう。


しかし、日課が一つなくなってしまうのは、さびしい限りだ。
カメラのナニワやカツミ堂では、この穴を埋めることはできないのだよ。

 
 
 





[PR]
# by f-izuki | 2018-08-10 01:25 | Comments(0)
ロス五輪記念ストラップ


僕が初めて自分のカメラを手にしたのは中学生の時。1983年11月のことだった。
貯金からお金を下ろしてもいいという許可を初めてもらって、ようやく手にしたものだった。

カメラは一眼レフであれば何でもよく、当時、中学生向け雑誌に毎月広告が掲載されていた、オリンパスOM10が第1候補だった。
親と一緒にカメラ店へ出向き、店主に欲しいカメラを伝えたところ、なんとオリンパスは一蹴されてしまった。
初めて手にするなら、キヤノンかニコンにしろという。


しかも店主にケチを付けられたのはカメラだけではなかった。
限られた予算でできるだけ多くのレンズも欲しかったので、やはり当時安価だった大沢というメーカーのレンズを候補に挙げていたのだ。
ボディを却下されたうえ、レンズまで拒否された僕のショックは相当に大きなものだった。


候補をあっさり却下され、付き添ってきた親も、そんなメーカーは聞いたこともないという。
とはいえ、急に候補を変えろと言われても欲しい機種はすぐに思いつかない。
そもそもどんな機種があるのかすら知らなかった。


知らないものを選べといわれても、全く選べることもできず、せっかくの機会を逃したくなかったので、出直すという選択肢もなかった。
店主がいくつかカタログを見せてくれたような気もするが、予算をオーバーしてしまったらレンズが買えなくなってしまうという気持ちが大きく、店主の話は全く頭に入ってこなかった。
結局、店主が選んで出してきたのが、キヤノンAE-1プログラムという機種だった。


実は一眼レフを手にしたのはこのときが初めてだった。
現在のようなカメラ量販店は近くになく、現物を手にしたことすらなかったのだ。
そのような状態で初めて手にした実機は、それはそれは輝いて見えた。


予算をオーバーしているのは明らかだったが、レンズは標準レンズのみという状況も避けたかった気持ちを汲んでくれて、やはり店主が選んできたのが35-105mmズームだった。
当時は最大クラスだった3倍ズームであれば、汎用性は高いという判断だったのだろう。


当初の目論見とは全く形を変えてしまったが、こうしてようやく僕は一眼レフを手にすることができた。


今日の話はAE-1プログラムの話ではない。
AE-1プログラムのことは、またどこかで振り返ることにしよう。
今日はカメラストラップの話である。



b0226573_23330077.jpg


当時、キヤノンはオリンピック公式記録カメラとして、オリンピックごとに記念のモデルを販売していた。
F-1モントリオールオリンピック(1976年)記念モデル
NewF-1ロサンゼルスオリンピック(1974年)記念モデル
あいにくカメラ本体は最高級機だったから全く眼中になかったが、AE-1プログラムを買ったときに、店主がおまけで付けてくれたのが、この記念ストラップだった。


ちなみにロス五輪のスーパーヒーローはカール・ルイス。
アメリカが好きなわけではないので、アメリカ臭がするこのストラップも実のところ、全く気に入っているわけではないのだが、ボディ自体はあいにく壊れてしまってすでに手元にないものの、ストラップは未だに現役で使っている。
すでに30年以上使っているわけだが、考えてみるとストラップが擦り切れたなんて話は聞かないし、ほころび一つみあたらない。
こういうの、捨てられないんだよな。性格的に。


b0226573_00512245.jpg


ちなみに、ストラップの巻き方は通称「ニコン巻き」などと呼ばれる、ストラップの端をループの内側に巻き込んでしまう方法。
普通にやってますよね。




  




[PR]
# by f-izuki | 2018-08-05 01:01 | Comments(0)
ジャンクカメラの選び方 Demi編

 
ネットオークションではジャンクカメラがあふれています。
いまだプレミア価格で取引されている一部のフィルムカメラもありますが、本来の機能からはすでに役目を終えており、かといって文化的な価値もほとんど見出せず、もうマーケットからは退場宣告を受けたカメラを扱うのが、今回のテーマです。


デミEE17はD個体まで話が進みましたが、数個体のジャンク品を手にしたなかで得た、ジャンク選びのポイントを整理したいと思います。


これまでの教訓で、シャッターが下りない機体は、荒療治ではあるものの、いじる楽しさがあることは触れました。
それでも素人が手を出していいジャンクと、手を出してはならないジャンクがあります。
ネットジャンクで時々見かけるのが、素人が分解して、結局壊してしまい元に戻せなくなってしまった個体。
これは一番性質が悪いです。
部品の変形、欠損はどうしようもありません。
むか~し手に入れてみたものの、ファインダーが収まるべきところのスペースが空っぽだったという、笑えない個体をつかまされたこともありました。
たしかBaldinaだったと思う。



そのようなわけで、izuki的ジャンクカメラを選ぶときのチェックポイント(Demi編)は次のとおり。
基本的にメーターが生きている個体は滅多にないので、メーターが生きていればむしろそれだけで買いです。


 

b0226573_15254182.jpg
 
 

1 素人が分解していないこと

素人の私が書くのもなんですが、素人が分解した物はどんな状態であれ、手を出すのは危険です。
見分けるポイントはいくつかありますが、デミに限っていえば、貼り皮がオリジナルであれば、分解されていない機体である可能性が高いです。
手に取れるのであれば、ネジをはずした形跡がないか、カニ目の穴に傷が付いてないか、などが見分けるポイントです。


2 レンズにカビがないこと

レンズを腐食するカビはどこにでもいるものではありますが、大事なコレクションがあるのであれば、カビ付き機体は近づけないほうがいいですね。
レンズにカビが派手に繁殖しているものは、たとえタダでも手を出しません。


3 電池ボックスに液漏れ跡がないこと

液漏れすると、周辺の金属パーツが腐食されてしまいます。
一度液漏れしてしまうと、小さな接点が並んでいるフィルム感度ダイヤルにも腐食が及んでいることが多いので、要注意です。
このカメラの電池はもともと水銀電池ですので、使用中に発生するガスで線が腐食されやすいという情報もあります。
EEは使わないフルマニュアル派は、電気系を全部切除してしまっても、なんら問題はないでしょうけれど。


4 ファインダー周りのガラスが破損していないこと

落としやすいのかな、ハンドストラップが付いているのに。
ガラスが破損している機体も結構目にします。
実際、B個体を落としてしまって、ガラスにヒビを入れてしまいました。
アクリル板を切り抜いて補修できなくはないですが、CdS受光部のガラスはスリが入っているので厄介です。


5 ボディに凹みがないこと

Demiのボディ本体はダイキャストですが、通称モナカと呼ばれる皮のパーツはアルミでできており、角がへこんでいる機体が多いです。
裏ブタも簡単に手で曲げることができます。
落下した形跡でもあるので、凹みはないにこしたことはありません。


6 錆がないこと

表面のアルミ素材に錆が浮いているものがあります。
製造以来50年が経過しているので、錆は避けて通れませんが、せっかく手に入れるのでしたら、きれいなボディが欲しいものです。
塗装派の方は塗装もありかも。


7 その他

そのほかにも、いろいろな不具合個体があります。
落下によって、レンズボードに歪みが発生している個体もあります。
手にとってみないとわからないポイントも多々ありますね。


程度のいいジャンク品を見つけてくださいね。




  

[PR]
# by f-izuki | 2018-06-17 16:46 | Comments(0)
Canon demiEE17 D個体の巻
 
 
 
デミが好きな理由はいろいろあるが、一番大きな理由は、初めてフィルムを入れて写真を撮ったカメラが、母親が所持していたデミだったということで、とても馴染みがあるからだと思う。
デミにはいくつかのシリーズがあり、母のカメラはセレンメーター追針式の初代モデルで、露出はプログラム式(?)だった。


シャッタースピードと絞りの関係はその後に手にしたカメラで学んだが、このデミではピントを合わせないと写真にならないということを学んだ。
もっとも、ピントは目測式で絞りもコントロールできないわけで、おのずとパンフォーカス的な写真がこのカメラが求められている使い方だったのではないだろうか。


その点、EE17は、マニュアルでシャッタースピードと絞りを選択できるわけで、極めて自由度が高い。
とってもそそられるカメラなのである。


さて、先日、D個体をネットオークションで入手した。
シャッターは切れるがカビありのジャンク品だ。500円が妥当なところだと思う。
自分としては、シャッターは切れないがカビなしのジャンク品を求めていたのだが、もしメーターが生きていればなあという、かすかな望みをかけて手にしたのだったが・・・


届いた現物は、シャッターレバーに引っ掛かりがあるが、概ね全速良好に動作している。
シャッターに油染みなし。絞りもスムーズ。
ただし、メーターはやはり不働だ。
電池は今は入手不能の水銀電池が入ったままだった。当然電池切れだが、幸い液漏れはしていない。
電池をLR44に換えて入れてみたが不働。
EE17は、CdSの攻略が大きな壁になりそうだ。
 
 
 


b0226573_13535327.jpg

 
 

 

当機はカビありということで、見てみると、レンズそのものより、ファインダーがダメになっている。
他の個体に比べて明らかにファインダーが曇っている。
ファインダーの曇りは致命的だ。
シャッターを押す感覚そのものをダメにしてしまう。


とりあえず、光学系の掃除だけやっておくことにした。
ファインダーは直径数ミリのレンズが接着剤で固定されて組まれている逆ガリレオ式とか呼ばれる方式。
ブライトフレームが組み込まれている。
肉眼で見てもよくわからないので、マクロレンズで撮って拡大してみると、やはり曇りの原因はカビのようだった。
無水エタノールを湿らせた麺棒で磨いてみるが完全には取れないものの、まあまあのレベルにまでなったので、今回はここまでにしておく。

 
 
 

b0226573_14231628.jpg

 
 
 


デミ分解時の欠点は、貼り皮をいちいちはがさないといけないこと。
オリジナルは製造から50年以上経っているため、きれいにはがせずぼろぼろになってしまう。
なので、ばらした後は、貼り皮も新しいものに取り替える必要がある。
いろいろな素材を選ぶのも楽しいが、いずれまた分解するので、ここは手元にあったカッティングシートを応急的に貼っておく。

 
 
 

b0226573_13534189.jpg

 
 
 

なかなか、クールな感じがいいじゃないですか。






   

[PR]
# by f-izuki | 2018-06-17 14:43 | Comments(0)
もみぢの杜
 
 
 
  
b0226573_00174273.jpg
[Nikon D700 Planar 50mm ZF f5.6 2018 Jun]



[PR]
# by f-izuki | 2018-06-04 02:27 | Comments(0)
June




  
b0226573_22111352.jpg
[Nikon D700 Planar50mmZF f2 2018 Jun.]

  


[PR]
# by f-izuki | 2018-06-03 11:38 | Comments(0)