シャッターを押す意思の裏側に
子どもと一緒に時間を過ごす。
とても満たされた気分を味わう。
満たされているからこそ感じる不安がある。



b0226573_23242023.jpg

[D700 Planar50ZF f8 2011, Dec]



満たされた気分がいつまでも続いて欲しいという期待と、将来に対する漠然とした不安。
自らが享受した安閑とした時間を、これからの子どもたちが同じように過ごせるだろうか、大人たちは子どもたちに自らが味わった同じ時間を与えることができるのだろうか。





b0226573_23251114.jpg

[D700 Planar50ZF f8 2011, Dec]



写真にはシャッターを押す人の心情が反映されてしまう。
もっと明るい写真で残してあげたいのだが、なにか見えざるものに支配されているような気がしてならない。



b0226573_23251919.jpg

[D700 Planar50ZF f4 2011, Dec]



シャッターを押すという動作をさせる意図が、そこに働いているわけで、何をどう撮るのか、どう撮ってしまうのかは、撮り手の感じ方そのものといえるのだろう。

我が子を撮る写真が湿っぽくなってしまうのは、季節が秋から冬に向かっているという理由だけでは片付けられない。
[PR]
by f-izuki | 2011-12-03 23:55 | Comments(0)
<< 時を刻み続けて 【一撮入魂】 秋色  >>