バカンスっぽい休日
セントーサ島にあるビーチへ行った。
少しお出かけ気分でビーチに行こうと思いたち、のんびりと時間を過ごした。
ほかにもいろいろアクティビティはあるので、もっと下調べをしておけばよかったのだけれど、いずれまた機会はあるだろう。


娘の案内で行ったところはTanjong beachという端っこのビーチで、ここはマイカーかタクシーで来る人が大半の、プライベートビーチのような雰囲気がただよっているところだった。
犬を連れた人が多く、犬も人といっしょに泳いだり走ったり、日本のビーチでは嫌がられる風景がいっぱい。
客の9割はビーチで肌を焼かなければならない人たち。




b0226573_1795088.jpg
[Nikon D90 AF-S18-200 P-auto 2012, Jul]




まじめにリッチな人たちを対象としているので、このようなビーチでは軽く食事するだけでびっくりするような値段になる。
ソウルのホテルのロビーでティーセットが12,000円ほどしたことがあったが、それはカジノがある超バカ高いホテルだったけれど(自腹では払う気にならない)。




b0226573_1794570.jpg
[Nikon D90 AF-S18-200 P-auto 2012, Jul]




セントーサは埋め立てによって総合的に開発されたリゾート島。白砂が敷かれているが、どこかから持ってきたものだろう。アマモの穂が流れてきていたので、相当広い範囲で敷き詰められているらしい。


ここは泳ぐようなところではないと娘が言っていたが、しっかり泳ぐためのビーチだった。赤道直下、水温はなま温かくさえあったが、じりじり照りつける太陽のもと、水着を持って来なかったことが恨めしい。
[PR]
by f-izuki | 2012-07-23 11:52 | Comments(0)
<< 散策 写欲が萎えると物欲の芽が伸びる >>