またわき道にそれてしまった


最も自分らしい写真が撮れるのは、35mmフォーマットの単焦点50mmというのがほぼ分かってきている。
ならばデジイチに標準レンズが1本あれば事足りるはず。
そのはずなんだけれど、写真を撮るのと同時に、“カメラ”が趣味といわれても仕方がないほど、メカには興味がある。


ただし、大体においてもうお気づきのとおり、Zeiss偏狭者なので、闇雲に手を伸ばすことはない。




b0226573_21535846.jpg





冒頭で告白したとおり、またわき道にそれてしまったのは、オリンピック気分に乗せられたわけではないけれど、どこか浮ついた気持ちがあったのは否めない。


どこかの本で読んだことがあるのだが、F3.5ならPlanarで、F2.8ならXenotarが良いって。
もともとPlanar F2.8は高価で手が出ないから選択肢には入っていなかったけれど。




b0226573_2154134.jpg





気分を変えてTmax100も10本仕込んだ。
でもこれで何を撮るんだろう。


それが問題。
[PR]
by f-izuki | 2012-08-08 22:07 | Comments(0)
<< 夏休みのアサガオ 今年も 盛夏 >>