ひっさしぶりに大阪を歩いた
グループ写真展<N展>の下見を兼ねて久しぶりに大阪へ行った。プライベートで大阪まで行くのは何年ぶりかな。仕事では時々中之島までは行くけれどね。


8時に神戸で仕事のちょっとした打ち合わせを済ませて、そのまま大阪へ出たので10時前には心斎橋に。目的地のギャラリーは12時からだからカメラを持って時間を潰すが、日差しが強いので、テンションが上がらない。夏はずっとこんな感じで、ただ暑さを耐えしのぐだけ。




b0226573_225553100.jpg
[Nikon D700 Planar50mmZF f4 2012, Aug]



しかし撮れない。スランプと呼べるほど過去にいい写真を撮ったとは思っていないが、撮っても撮っても画像を消去していく作業が続く。もともとセンスないからな。


歩いたところが心斎橋だからか、大阪の街はとても綺麗だ。ゴミが落ちていない。吸殻も落ちてない。一方、帰りに三宮の阪急を降りて感じたことが、神戸の街はゴミだらけだった。半端なくゴミが多かった。ポイ捨て禁止条例に罰則もあるんだから、ちゃんと罰金をとって取り締まればいいのに。




b0226573_2311468.jpg
[Nikon D700 Planar50mmZF f8 2012, Aug]


ファインダーを覗いてもろくな写真が撮れない。あーあ。


時間つぶしでハンズによって特殊用紙を物色して、心斎橋の写真ギャラリーをはしご(するつもりだったけど1箇所休廊中だった)して、梅田に戻って3件廻って、ヨドバシカメラによってプリンタ用紙を買って午後4時。ほぼ6時間歩きづくし。


会社の健康お目付け方にもらったロキソニンテープを足の裏に貼っていたので、足の裏がスースーするうえ、疲れもとってくれるので、とっても助かった。ロキソニン、クセになりそう。


ギャラリーでは省スペースにいかに個性的な展示ができるかを学ぶつもりだった。心斎橋の一つはたまたま女性だけの公募展ということもあって、さまざまな工夫があり、とても勉強になった。写真の内容に応じた展示方法の選択は大事だ。
用紙はほとんどが普通の光沢紙だったけど、誰かがセレクトを手伝っているのかな。写真は見応えがあってよかった(上から目線のつもりではないのですがすみません)。




b0226573_2242129.jpg
[Nikon D700 Planar50mmZF f4 2012, Aug]




地下鉄本町駅のホームはどこか海外の地下鉄のホームのような雰囲気を持っている。調べてみると御堂筋線のこの駅は昭和8年にできたらしいく、当時のままの壁が露出していることになる。単に広告のデザインの影響かな。



あした出向くクラスの課題作品がまだ出来てない。今から戻って海に行くかということで、街中スナップをやめて帰宅。海岸に行くも、これはっていう発見も思いつきもなく、疲れが出て撮れない。


写真向いてないわ。
[PR]
by f-izuki | 2012-08-25 23:31 | Comments(0)
<< 写真教室 ネクストクラス 8月 言葉なんて >>