economy class



航空機の座席はエコノミークラスしか使えないわけだが(負け惜しみを言うなら何度かビジネスクラスに乗せてもらったことはある。自分でシートを買ったことはないけど)、同じエコノミーでも、航空会社によって快適さの度合いが全く違う。


そんなに比較できるほど乗ったわけでもないので知ったかぶりがばれるが、知っている限り、もっとも快適なシートを提供してくれるのはシンガポール航空。
この数年、日本-シンガポールを10回近く往復して得た感想。
おそらく、エコノミーシートとしてはこれ以上ないフル装備。


お気に入りはシンガポールスリングというカクテル。甘党の僕には何杯もいける。でも3杯飲むと記憶を失うかもしれない。
子供たちはビデオにゲームに、シートですべてコントロールできるから、機内で飽きることがない。
航空会社から直接購入する正規料金でも比較的安価なので、チケットだけ購入するという人にはありがたい。


もっとも、この数回は格安航空会社のエアアジアを使っている。
マレーシアの航空会社なのでクアラルンプールを拠点にしているから、ここが中継地となるわけだが、値段が安いのは魅力的だ。使い勝手がよいのは、片道チケットがそのまま買えること。
シンガポール航空などでは、片道チケットも買えるものの往復料金とさほど変わらない。
家族での旅行となると、ホント馬鹿にならないので、安いのはありがたい。


格安というだけあって、サービスはこれ以上ないほどにない。
普通、通路にぶら下がっているあのモニタすらない。
お水、食事、機内預け荷物、アメニティ、その他すべてがオプション。長距離を移動するときは少し心もとないが、勝手を知っていれば事前に準備しておけばいいし、備えあれば憂いなしである。


まあ、ゲームができないって息子は文句を言うけど。
オプションで映画やゲームが収めてあるタブレットの貸し出しもあるが、1,000円を安いと感じるか高いと感じるか。


座席シートの広さはシンガポール航空とほぼ同じなので、特にその点では文句はいえない。
シートスペースで文句を言いたいのはルフトハンザ。あの狭さは人権無視に等しい。




b0226573_12482714.jpg
[RICOH GXR A12 28mm f7.1 2012, Nov]
@フィリピン上空




というわけで、今回は前の方のシートを取った。
視界が広く感じて、気分もよろしい。


ちなみに、シンガポール航空の次は大韓航空もお勧め。
食事がおいしい。特にお勧めはピピンバ。機内食として普通においしい“ごはん”が食べられる。



追伸
今回、飛行機はぜんぜん揺れなかった。
シンガポールへ行くときは、途中何度かヒヤッとするほど乱気流に巻き込まれる(お尻が何度か浮く)が、今回は全く揺れがなかった。
ランディングも完璧。LCCもちゃんと飛んでくれれば、それで十分です。
[PR]
by f-izuki | 2012-11-17 13:24 | Comments(0)
<< down pour 煮干し >>