人気ブログランキング |
Nikon D100



たまたまネットで気になる記述を見かけたので書き込んでおこうと思い立った。
わざわざ前置きするようなことではないのだけれど。


このカメラが発売になったのは2002年6月で、発売時の定価は30万円だった。
当時はこの定価が示すとおり、まだデジタル一眼レフが高価な時代で、これでもようやくアマチュアが手にできるデジタル一眼レフが発売になったと話題になったカメラだった。


この頃はまだデジタルの画質はフィルム(35mm)に及ばないと言われていた時代で、その理由は画素数の比較によるところが大きかったように思う。
すでにコンデジは普及期に入っていたから、次のターゲットは35mmフィルムとの画質の比較だったのだろう。
フィルム擁護派にはそんな危機意識が色濃く見えていた。
当機はまだ600万画素が主流という時代。


僕の当時の使い方というと、大容量メディアがまだ高価だったので、少ない容量で数を撮るため、JPEG撮って出しが多く、RAWはほとんど使わなかった。
ある時、塾のこどもたちを引率しての集合写真を大きくプリントするため、街のDPEプリントに出したら、店主に解像度が低いと指摘を受けた。
確かにピントは合っているのに、どこにピントが合っているのか判然としない写真で、恥ずかしながら大きくプリントするまで気がつかなかった。


現像はPhotoshopで多少の補正はかけていたが、JPEG保存を繰り返すことによる劣化は最小限に抑えていたので、ファイルの取り扱いに原因があるとも思えなかった。
そこで、ためしにRAWデータから現像してみると、全く解像感が違うことがわかった。
明らかに別物だった。


この時代、カメラ内蔵のJPEG変換エンジンの性能が今より良くなかったのかもしれない。
そのことに気付いてからはRAW撮影&現像がセオリーになった。
このプロセスだと、A4サイズのプリントに不満を感じることはないと思う。A3もものによっては耐えられるだろう。


このD100というカメラはスペックから見ればコンデジにも見劣りするが、描写性能の評判は結構高かったように思う。
新機種が出ても使い続けているプロもいたという。
オリジナル画像は色調が抑え目で、今とはかなり味付けが異なっているが、当時はそこがむしろ通好みとされた。忠実色と表現されたものだ。
さすがに今見ると、時代を感じるほどに地味だけれど…


そう、だから冒頭の話、このカメラの描写性能をJPEGだけで見れば誤った判断をしてしまう。
という、今となっては全く役に立たない情報なのだけれど、このカメラの評価を不当に下げる記述を見かけたので、少し訂正してみたくなり書き込んでみた。



 
b0226573_1281761.jpg
[Nikon D100 Nikkor135mm f2.8 2009 Jun]




トリビアネタ一つ。
この時代のニコンのデジイチのミラーは35mmフルサイズ版と同じ大きさのものを使っている。
だからシャッターの感触がフィルム一眼に近く、今のおもちゃのようなデジイチの感覚とは一味違う。


 
 
by f-izuki | 2013-08-19 01:39
<< 和音 切ない時間 >>