まずは1冊


次の展示用のブック、とりあえず1冊できました。
製本用に仕上げたものと全く同じ構成の、手元ブック版。
30枚収められるA4ヨコ型のファイルがなくて、閉じる枚数を自由に変えられるビス止めタイプの、めっちゃ高い本格仕様のポートフォリオブックを買わざるを得なくなった。
中途半端に空のポケットが余っているのも、ちょっとという感じがしたから。
リフィルが5枚で1,800円とか、信じがたいほど高い。



まだ肝心の額装用の本作品のセレクトができてない。
仕上げもまだ思案中。
街角でのスナップだから、構図とか、小さな映り込みとか、エッジの処理とか、そういうところが荒削り。
引っかかるところを上げていくとキリがないけど、プロじゃあるまいしと、そういうところは目をつぶっていかないと、自己嫌悪になる。


デジタル、カラーでいいじゃない。
写真教室では、フィルムのことは習ってないし。




b0226573_2222114.jpg


 
 
 
さて、別シリーズのブックをあと1冊。追加補充できないポケット20枚仕様の廉価なやつ。
扉と奥付が入るので、実質の中身は18枚。
こちらも1年ほど前に作ったブックからの入れ替えと焼き直し。
まだ現像の仕上げもちゃんと出来てないから早くしないと。
だけど、こちらは自宅プリントだから搬入に間に合えばいい。


あとは、ステートメントとカード。
プロフィール用の写真もまだ撮れてない。
まだまだやることいっぱい残ってる。


 
 
 
[PR]
by f-izuki | 2013-08-28 23:10 | Comments(0)
<< 二日酔い 和音 >>