人気ブログランキング |
タグ:欧州 ( 7 ) タグの人気記事
ロンドンの窓は半地下だった
 
 
 

初めてのヨーロッパはロンドンの半地下から始まったというお話。
しかもハメ殺しで開かない。
緊急時は、右下の赤いガラスのバーを壊して開けろと。
書いてあったような気がする。 


治安が悪いのか、安宿で宿泊費を払わずにとんずらする奴が多いのか。
換気も出来やしねえ。


というお話。




b0226573_22522916.jpg
[CONTAX G1 Biogon28mm SP100 Sep 1999]
@London
by f-izuki | 2013-09-18 22:58
ドーム
 
  
 
キリスト教文化、芸術に触れるなら、やはり教会が手っ取り早いと思う。
ま、キリスト教のことは、世界史で習った以上のことはよく知らないのだけれど。
建築美、技巧、その象徴をドームに感じる。
写真で見せても、その実態が伝わらない見本のような例。


 
b0226573_14292564.jpg
[CONTAX G1 Biogon28mm SP100 Sep 1999]
@Berlin




ところで、仏教で言う煩悩。煩悩をそそのかす存在がキリスト教でいうところの悪魔に相当するのだとか。
よく知らないからかもしれないが、教会建築で感じたのは、キリストよりも悪魔の存在。
得体の知れぬ、ざわめき。

 

 
b0226573_2021260.jpg
[CONTAX G1 Biogon28mm SP100 Sep 1999]
@the Berlin Cathedral Church

 
 
 
ま、よく知らないからなのだけれど。

 
 
by f-izuki | 2013-09-15 15:22
ローマは陽射し
中学校の地理の時間に世界地図を見ながら覚えたことがある。
『ローマは北海道とほぼ同じ緯度に位置しているが、地中海性気候のためとても暖かい。』


座学で学んだところで、想像はしてみるが、あくまで頭の中での情報整理に過ぎない。
実際に行ってみて、やはりとても暖かかった。
陽射しも強く、むしろ暑かった。


ローマは陽射しの街だった。
それが言いたかっただけなのだが...




b0226573_2114106.jpg
[CONTAX G1 Biogon28mm SP100 Oct 1999]
@Roma



画面に太陽を入れてはいけないんだね。
セオリーです。
でも入れてしまってたんだね、この頃。


この欧州シリーズ、最近、写真撮ってないから、つなぎです。
つなぎ。
by f-izuki | 2013-09-13 21:15
バックパッカー
 
 
 
若者の旅の姿はバックパックが主流、かどうかは知らないが、駅を降り立って、駅前広場に数多くのバックパッカーがそれぞれの旅の行き先やいろんなことをグループどうしで話をしている様子を見たとき、一種の仲間意識が芽生えたことを覚えている。


夜9時、夜行列車に乗って次の目的地に行くために駅前広場に戻ってきた時には、広場がバックパックの若者で埋め尽くされていた。
夜行列車は時間と移動距離を一気に解決してくれるから、長距離旅行者にはとてもありがたかった。




b0226573_2251410.jpg
[CONTAX G1 Biogon28mm Fujifilm SP100 Oct, 1999]
@Venezia





夜行列車の二等席には乗ってはならないと教えてくれたのも、この街だったけれど。



 
by f-izuki | 2013-09-11 23:29
どこを歩いても
 
 
 
国際列車の接続待ちに30分ばかりの時間があった。
駅周辺をぶらりと散策しているうちに、ひとつのトンネルに行きあたった。
わずかに覗く向こうの景色に胸が高鳴る。




b0226573_20161539.jpg
[CONTAX G1 Biogon28mm SP100, Sep 1999]
@Spiez




そしてトンネルの向こうは、決して期待を裏切らない。
お腹いっぱいでもなお食べ飽きない。
なぜこんなに景色が美しく存在し得るのだろう。
 
  
 
by f-izuki | 2013-09-07 20:40
レンガの隙間
 
 

一歩足を踏み入れた途端に、空気の重さを感じる。
視覚に支配されているのだろう。


レンガ造りの建物の隙間からのぞく空は、雲が厚くどんよりしている。
足元は何百年前からそこに敷き詰められているのか、角が丸く摩耗しきった真っ黒な石畳。 


でもこの空気感に憧れているのだ。
どこかで魔女が棲んでいると本当に思わせてしまう、この空気感に。
 


  
b0226573_2315570.jpg
[CONTAX G1 Biogon28mm Fujicolor SP100, Sep 1999]
@Brussels

by f-izuki | 2013-09-06 21:51
謎掛け
 
 
 
この『モナリザ』は、本物か、レプリカか。




b0226573_2382031.jpg
[CONTAX G1 Biogon28mm Fujicolor SP100, Oct 1999]
@Paris




モナリザを目にしたとき、大きなショックを受けた。
めまいに似た感覚に襲われた。


この絵だけが特別なガードが施され、分厚いガラス越しにしか見ることができない。
もちろん、我々にこれをレプリカだと疑う理由はどこにもないし、その真贋を判別する能力もない。


これはやはり本物だと考える根拠。
レプリカであるという仮説とその推論。
実物を前に、鑑賞するより、脳内は疑念と推論に支配され続けたのだった。


絵を前に、人々がそんな議論をしているように見えませんか。

 
 
  
 
by f-izuki | 2013-09-05 23:24