人気ブログランキング |
タグ:Canon PowerShot G10 ( 11 ) タグの人気記事
苛立ち
 
 

春は波長が合わない。


  
 
b0226573_114853.jpg
[Canon Powershot G10 2013 Mar]
by f-izuki | 2013-03-29 01:15
還らない世界
 
 
 
 

b0226573_2101129.jpg
[Canon G10 Silkypix]
by f-izuki | 2013-03-26 21:11
春の陽気
 
 
 
些細な悩みごとなど、少しの間忘れることにして、ボーっと日向ぼっこしながらお茶でも飲みたいものだ。




b0226573_044058.jpg
[Canon G10 6.1-30.5mm f4.5 -0.3EV 2013 Mar]

 

こういう分かり易さ。
アイデンティティと自己顕示のバランス。
物言わせぬ圧倒的な強さじゃないかと思う。
by f-izuki | 2013-03-19 18:55
泥水の向こう
 
 
 
現場監督で入っていた不法投棄の撤去工事が完了した。
桜の季節は間にあった。
搬出された廃棄物量は10,000トンを優に超えた。


このような不法投棄の行為者の多くは個人で、なぜかたいてい既に破産している。
手にしたであろう不当で不法な報酬に比べると罰金も子供の小遣い程度の小額だ。
それに引き替え、不法投棄の撤去に要する費用は莫大なものとなる。


行為者が既に破産しているから行政が代わって撤去するケースが多い。いわゆる行政代執行。
しかも当人は僅かばかりの罰金によって刑事罰の禊(みそぎ)を済ませているため、誰もそれ以上の罪に問えない。
当然、撤去費用は税金で賄われることになる。




b0226573_1852972.jpg
[Canon G10 6.1-30.5mm f4.5 -0.7EV 2013 Mar]




今では法律が改正されて、不法に処理されたごみの排出元も罪に問われるしくみになっている。
つまり元の持ち主。
自分が出したごみがどのような道をたどって処理されていくのか、あるいはリサイクルされているのか。
ほんの少し、気にかけてみては。



 
by f-izuki | 2013-03-16 18:54
未知との遭遇
 
 
  
うまくタイトルが収まらないのだけれど、そういうことでひとつよろしく。




b0226573_18543012.jpg
[Canon G10 6.1-30.5mm f4 -1EV 2012, Oct]





あたま切っちゃって…もっと落ち着いて撮ろうよ、自分。
by f-izuki | 2012-10-16 18:49
春は始まったばかりだというのに



桜が愛される姿の一つに、散り際の潔さがあげられることがある。


潔いと思うのは、傍観者の言い訳。




桜は来春もまた咲くだろう。




b0226573_23551975.jpg


[Canon PowerShot G10 2012, Apr]

by f-izuki | 2012-04-17 14:26
寄せ書き


b0226573_19532727.jpg

[Canon Powershot G10 2011, Jul]
by f-izuki | 2012-04-06 19:56
村のはずれ
ここから先は行くなって言われてるんだ。



進むのは勝手だけど、この先何が起こってもボクは知らないよ。





b0226573_1474149.jpg

[Canon Powershot G10 2011, Jul]
by f-izuki | 2012-04-01 01:56
写真教室 ネクストクラス 3月
<昨日の話し>


月に一度の写真教室の日。
毎回、事前に提示されるテーマに沿った作品をもちより、講師と参加者で講評しあうというスタイル。
自分でテーマを持っている人はそれでも構わないので、半年くらい継続すれば作品群が出来上がっているということも。これは理想的。

さて、今回(個人的に)一番の話題を提供していただいたのは、Tさんのセクシー系ポートレイト。
ご本人いわく、「撮影後、敗北感に襲われた」。この感想はとても端的ですごく理解できる。

Tさんが初めて参加されたというのは、プロのモデルさんを参加者数名で撮影するといういわゆるモデル撮影会。屋外撮影や室内でのちょっとセクシーなコスプレ的なものとかあるらしい。
敗北感というのは、撮らされたという意味で、場所、背景、照明、衣装、ポージング、モデルの表情、目線、しぐさ、指先の作り方とか、モデル撮影を構成するほとんどすべての要素をあらかじめ主催者側がセッティングしたものを単に撮っただけという意味で、自分らしさを出す術がなかったという。

見せていただいたところ、モデルは若い女性で、かわいいしスタイルもいいし、もちろん撮影も悪くないし、けちの付け所がないのだが、ご本人の弁がすべてを語っている。
(みんなが思っていて口に出さなかったこと。「Tさんの奥さんの方が美人やん」後日追記)

そんなモデル撮影会でも自分らしさの出し方というのをK先生がアドバイスされていた。

人物撮影の醍醐味についてはK先生が以前話されていた言葉を思い出す。
「自分にしか撮れない表情を引き出せたら俺の勝ち」



その人の内面にどこまで近づけるか。




b0226573_17422843.jpg

[Canon Powershot G10 2012, Mar]

続きはこちら
by f-izuki | 2012-03-11 16:53
写真教室 アドバンスクラス1回目に備えて
明日から写真教室がアドバンスクラスにステップアップする。
K先生曰く、教室はアドバンスクラスからが本番だと。ならばビギナークラスって何だということになるが、まあそれはどうでもよいとして、結局のところ、撮った写真を見てもらうことが最も重要な作業の一つであるから、日々の撮影には力を抜けない。

行き当たりばったりのスナップにも限界を感じるし、本格的に自らにテーマを課す時期が来たのかも、と気合を入れる。

ここのところ仕事に追われてじっくりカメラを構えていない。
明日持っていく写真(自由作品)もないので、過去に撮ったものからセレクト。ブログにあげている写真は、ブログ用ともいえ、プリントに耐えないものも多いし、撮ってから時間が経過する間に見飽きてしまったものも多い。自分が見飽きるのだから他人が見たら尚のことだろう。

そんななか、アドバンスの最初ということで自分の中では異色の選び方をした。
あくまで撮り方としてはアリと先生も言われていたので、ひたすら撮りまくっていたもの。



b0226573_1241556.jpg

[Canon PowerShot G10 2011, Jul]



とにかく新たなステージ、どうなることか。
これから仕事も忙しくなるし、写真写真って言っていられなくなるけれどね。
by f-izuki | 2011-09-13 23:23